アラサー新婚OLのひとりごと

日常のあれこれと結婚準備とか。

式場見学〜ホテルブレストンコート軽井沢〜

先日の投稿から少し空いてしまいましたが、式場見学について書いていきます。

 

仮予約した週末に、軽井沢に式場見学&試食会に行ってきました。


私達が下見を行ったのは下記です。
・軽井沢高原教会
・石の教会
・湯川ガーデンテラス
・ノーワンズレシピ

 

まずは教会から。

 

石の教会と

f:id:kapico:20190726213605j:image

 

軽井沢高原教会

f:id:kapico:20190726213600j:image

 

どちらも本当に素敵な雰囲気✨

 

私たちはどちらも観光で訪れたことがあって、見学する前から心は軽井沢高原教会に決めていました。


教会はどちらも素敵で、できるなら両方で式を挙げたいくらいだったのですが、
軽井沢高原教会の温かみのある雰囲気が好きで、こちらに決めていました。

 

石の教会も他にはない雰囲気や、長いバージンロードがとても魅力的でしたが、

クールな雰囲気より温かみのある雰囲気のほうが私達に合っているかな、と思い軽井沢高原教会に決めました。

 

つづいて披露宴会場の見学です。

まず、第一候補の湯川ガーデンテラスへ。

f:id:kapico:20190726222550j:image

※webより


教会から車で数分の場所にあります。

あっという間に着きました。


外観は一軒家の別荘という感じで落ち着いた雰囲気。

 

会食会場はこちら。

f:id:kapico:20190726214747j:image

天井も高く、大きな窓があって明るく開放感抜群。

f:id:kapico:20190726214751j:image

f:id:kapico:20190726222027j:image

 

広いテラスとリビングもあって、

完全に貸切なので広い空間を贅沢に使えます。

晴れていればテラスでデザートビュッフェもできるそうで、妄想が膨らみます。

f:id:kapico:20190726214903j:image


いい意味で派手さがなく、ナチュラル&シンプル好きな私達が好きなテイストの会場でした。

会場も広すぎず、ちょうど30人のゲストにはぴったりな大きさ。

ゲスト一人一人との距離が近いので、アットホームな雰囲気を出せそう。

 

見学した日はこれから披露宴をする方のコーディネートで丸テーブルでしたが、
長テーブルも可能とのことでした。

私たちは長テーブルにしたいなと漠然と考えていたのですが、長テーブルの場合は最大で20名までとのこと。
(私達は30人前後になるので、長テーブルの夢は崩れました。) 

 

高砂を作りたくないことを話したら、

丸テーブルでゲストと座ることもできるそうで、席のスタイルは柔軟に決めれそうです。

 

 

次に、ブラストンコートへ戻って

ノーワンズレシピの見学へ。

 

f:id:kapico:20190726222058j:image

※webより


ノーワンズレシピは、ブレストンコートの会場の中にあるレストランで、
窓側のエリアを2つに区切ったL字型のスペースを半貸切で使用する形になります。 

 

f:id:kapico:20190726222200j:image
見学時は上のようなI字型のテーブル配置でしたが、私達のような30人前後の場合はL字型のテーブル配置になるそうです。

L字の角の部分に私達が座り、全員から新郎新婦が見える状態になるとのこと。

 

L字だと下のようなテーブル配置になるようです。

あまり見ない独特なテーブル配置です。

この配置だと端と端のゲスト同士は顔が見えなそう。。と気になりました。

(写真はwebからいただきました)

 

f:id:kapico:20190726222218j:image

 

また、パンフレットで見るより天井が高く、大きな窓があるお陰でどこに座っても外の景色が眺められます。

パンフレットで見るより開放感があって、想像以上に期待を上回る会場でした!


そして私の憧れている長テーブルのコーディネートができることも、好ポイント。(当日の方のコーディネートがおしゃれで可愛かった。)

 

f:id:kapico:20190726215829j:image

 

待合スペースもこのような感じ。

f:id:kapico:20190726221534j:image


逆に気になったポイントもいくつかありました。

・隣の会場との仕切扉が透明なので、隣の会場で何をしているか見える。
 扉の近くのゲストは気になるのでは?と思いました。
(幕などを下げて見えなくする事はできるか?と聞いたところNGとのことでした。)
・L字の場合、端と端のゲスト同士の顔が見えなくなってしまうこと。
・待合スペースが、お隣の会場の待合スペースと共有していること。(通路を挟んで隣合っている)

 ※入場の時間帯はずれるとことで、鉢合うことはないようです。
・トイレはレストランのトイレを利用するため、レストラン利用のお客様や隣の披露宴会場の方と鉢合う可能性あり。(この後、ノーワンズレシピでの試食会でトイレに行った時に、花嫁さんとばったり会いました笑)

 

ノーワンズレシピは、お食事と歓談メインに落ち着いた会にしたい、という方にぴったりの会場だと感じました。

何よりも他と比べて会場費が抜群に安く、そこも魅力の一つです。

 

私達のやりたいイメージや目指す結婚式スタイルを考えると、

ノーワンズレシピ がベストでは?と思ったのですが、

湯川ガーデンテラスの一軒家を贅沢に使えることにも魅力を感じ。。

逆に、湯川ガーデンテラスだと贅沢なスペースを持て余してしまうのでは?あまり気乗りしていない演出も頑張らないといけないのでは?という不安も。

 

この後、この二つの会場でだいぶ迷うことになります。

 

その前に、宿泊施設の見学に続きます。

 

式場選び

 

軽井沢の結婚式場探しについてです。

 

まず、第一候補の軽井沢ホテルブレストンコートさんに話を聞きに行きました。

 

f:id:kapico:20190617082814j:image

 

ここの教会ですが、数年前に旅行で訪れたことがあって、こんなところで挙式を挙げれたらいいな〜と漠然と思ってた場所でした。

とにかく良いイメージしかなかったので、私も彼も話を聞きに行く前からほぼここに決めるつもりで話を聞きに行きました。

 

銀座にウェディングサロンがあって、

軽井沢まで行くことなく、話を聞くことができます。

 

当日は、予約時に記入したアンケートに沿って、ざっくり下記のように進みました。

・どのような式にしたいか

・二つの教会の説明

・星野エリアについて

・宿泊について

・私たちの希望する人数に合わせた披露宴会場のご提案

・会場の空き状況と見積

・仮予約と現地見学予約

 

 

◯披露宴会場について

私たちの予定人数は、親族+親しい友人の30名前後。

この想定人数から、私たちに合う披露宴会場の候補をいくつかピックアップいただきました。

30名となると、幅広い会場に対応できるとのことで、選択肢を沢山用意頂きました。

 

私たちが紹介頂いたのは下記です。

・ノーワンズレシピ

・湯川ガーデンテラス

・ヨコブキヴィラソウラ

・ゲイブルハウス

・ドローイングルーム

・和ダイニングwa-en

 

どれも素敵だったのですが、

この中から、私たちのイメージしている

【落ち着いたイメージ】【会食メイン】【軽井沢らしい自然が感じられる会場】が叶えられそうだった、

・ノーワンズレシピ

・湯川ガーデンテラス

の2つに絞りました。

 

最近出来たばかりのヨコブキヴィラは、席を決めずに自由に動き回れる、という新しいスタイルの会場で、とってもおしゃれで気になりましたが、

私達はゲストが親族メインで年配の方も多いので、席がないスタイルでは困る人が出てしまうのでは?と思い候補からは外しました。

すごくお洒落で素敵な雰囲気なので、ゲストが友人メインの場合は是非ここでやりたかったくらいです。

 

◯時期について

時期は軽井沢で挙げるなら、【緑の綺麗な時期】と決めてました。

※年によって前後するようですが、緑の時期は、5月半ば〜10月前半になるようです。

打ち合わせの場では、この時期だったらこんな感じですよ、というようにタブレットで写真を見せて頂きました。

秋は紅葉、冬はキャンドル式など、どの季節でも素敵な式を挙げられるよう工夫されており、どれもおしゃれでさすが星野リゾート

 

これらの希望から、2019年の緑の時期、土日に絞って空き状況を確認してもらったところ、2019年は空きがほぼないということが判明!

空いてたのは仏滅の日だけでした。 (私たちは特に拘りはなかったのですが、あえてこの日を選ばなくていいよね?ということで却下)

※こだわりのない方でしたら、仏滅でお得になるプランもあるようでした。

 

直近の緑の時期で空いていたのは2020年の春。

ということで、少し先になりますが、緑の時期を希望していたので、

2020年の新緑の季節の仮予約をしてこの日は帰宅しました。

 

ブレストンコートさんは、契約を急がせる感じが全くなく、説明頂いた方がとても落ち着いていて好感が持てました。

 

仮予約期間の間に、現地見学&試食会に行こう!ということになり、

話を聞いた週末に早速見学に行ってきました。

 

次は見学会の様子を書いていきます。

 

式場探し(どこで挙げるか問題)

 

続いては、式場探しについて書いていきます。

 

私の希望イメージは、

・落ち着いた大人な雰囲気

・自然を感じられる会場

・カジュアル過ぎず固くなり過ぎない会場

・遠くから来られるゲストが多いので、演出少なめでも来て良かったと思って頂ける会場

・場所は、私も彼も地方出身なので、お互いの親族の中間地点である東京都内か都内近郊

 

 まず、はじめに考えたのが神社婚です。

従姉妹の結婚式で神社婚に参加したことがあるのですが、

落ち着いた厳粛な雰囲気の中で式を挙げられることに魅力を感じていました。

 

ただ、神社婚は魅力的だけど、

一番の悩みどころは私が和装が似合わないこと(泣)

完全に和装よりウエディングドレスの方が似合う事が自分でも分かっていたので、神社婚に決めきれずにいました。(彼にも似合わないと言われる始末。。)

 

そこで、神社婚以外の都内の会場も検討してみましたが、

挙式+食事会だけの予定だったので、都内だと物足りない印象になる気がして、

いまいちピンとくる会場を見つけられずにいました。

また、都内の会場は大人数の披露宴を前提にしている会場が多く、

雰囲気が好みの会場は、少人数対応していないところが多かったです。

 

ここで初めて、

自分の中で初めはないな、と思っていた国内リゾート婚にも視野を広げてみました。

 

その中で気になったのが軽井沢です。

軽井沢は、東京から新幹線で約1時間、

新幹線も通っているので、地方からのアクセスも良し👌

お互いの実家からのアクセスも、

東京に出るよりも近いor東京までとほぼ同じ時間で軽井沢まで行けることが判明しました。

何よりも、私の希望する自然がいっぱいで緑に囲まれた会場もたくさん✨

 

軽井沢の式場を探してみて気づいたのは、軽井沢は少人数向けの会場が多いということ。

軽井沢という場所柄、リゾート婚として少人数の結婚式をあげる方が多いからでしょうか。

ここで一気に軽井沢での結婚式が大浮上したのでした。

 

次は式場探しです。

 

結婚式のスタイルについて

 

kapico.hatenablog.jp

 

どのようなスタイルの結婚式がいいか?

どのような内容の結婚式なら挙げたいか?

自分が挙げたいと思える結婚式のスタイルを模索しました。

 

私の希望するスタイルをまとめると下記になります。

 ・結婚式は行いたいが、披露宴の派手な演出は行いたくない

・披露宴では、高砂を設けないでゲストと一緒に座りたい

・ゲストと距離がなく気軽に話せる雰囲気にしたい。

・大人数でわいわいというより、少人数で落ち着いたアットホームな雰囲気

 

これらを考慮した結果ベストだと思ったのは、

少人数での結婚式+食事会のスタイルです。

私の苦手意識のあった披露宴の演出は行わずに、あくまでも”食事会”ということで、

美味しい食事を大切な方たちと共有する場を設けるイメージをしました。

 

f:id:kapico:20190612092220j:plain



メリット

・少人数で招待客一人ひとりとゆっくり会話できそう

・形式ばった演出はなく、アットホームな雰囲気にできそう

・披露宴より費用を安価に抑えられる

・苦手な演出を無理して行わなくてもよく、結婚式当日も肩を張らずに楽しく過ごせそう。

 

デメリット・不安な点

・演出がないとメリハリがなく、寂しい印象にならないか。

・年配のゲストに披露宴なしの結婚式を受け入れてもらえるか。

 ・私も彼も地方出身で、お互い親族・友人が遠方から来て頂くことになるため、

 簡易的な式にすることで物足りない印象になってしまわないか。

・友人を呼ぶ場合は1人参加の子が出るため、寂しい思いをしないか。

 

 

 

結婚式スタイルを模索する中で、少人数の結婚式についての記事を見つけました。

2018年のデータでは、結婚式全体の16%が30人未満の結婚式を行っているそうで、少人数での結婚式を行うカップルが増えているよう。

  

https://hana-yume.net/images/special/smallparty/syouninzu01.jpg?d=20181130

 

この記事を読む前は、自分の”派手な披露宴はしたくない”という考えに対して、引け目を感じていたのですが、

この記事を見て、自分らしい形で式を挙げればいいんだ。という安心感にも繋がりました。

 

それにしても想像以上に少人数の結婚式をあげる人が多いことにびっくり。

これからはもっと自由な式や少人数の結婚式が普及しそうですね。

 

次は、式場探しについて書いていきます。

 

結婚式を挙げるかどうか問題

 
元々、結婚式を挙げたくなかった私が、
結婚式を挙げると決めた経緯を書いていきます。
 
私は昔から目立つことが大の苦手で、
結婚式はやりたくないと思ってました。
 
人の結婚式に出るのは好きだけど、
自分が高砂に座ってニコニコ愛想を振りまいてる姿が想像できなくて。。
 
あとは、たくさんの方にわざわざ足を運んでもらうこと、自分のために大事な1日を割いてもらうのが申し訳ないことから、
とにかく結婚式に対して苦手意識がありました。
 
結婚式に対する憧れやこだわりもなかったので、別にやらなくてもいいかと思ってたのですが、
その一方で、親への感謝の形として何かしらしてあげたいなぁと思っていました。
 
私自身も、一生に一度はウェディングドレスを着てみたいな〜と漠然とは思ってたので、
自分のできる範囲・私らしい形で何が出来るか考えてみよう💡と。
 
最近は少人数の結婚式や、自由なスタイルの結婚式が増えてきているので、私たちに合ったスタイルを見つけてみよう!と前向きに結婚式を考え始めました。
 
次は、私が色んな結婚式スタイルを検討してみた流れ書いていきたいと思います✍️
 
 
 

結婚準備ブログはじめました!

 
はじめまして♪
現在婚約中のアラサーOLです。
 
これからの結婚準備のあれこれや新生活についてつぶやいていきたいと思います。
 
2019年夏   入籍予定
2020年夏  結婚式予定
 
派手なことや目立つことが苦手な私。
元々結婚式は挙げなくてもいいや、と思ってたのですが、最終的に挙げることにしました。
 
一生に一度の機会なので、自分らしい結婚式を模索していく過程を綴っていきたいと思ってます。
 
結婚式について考えるにあたって、結婚に対して前向きなキラキラ花嫁さんがほとんどだけど、
私のように結婚式を挙げるか迷っていたり、派手なことはしたくない、という結婚に対して後ろ向きな方はなかなか居なかったので、
同じような気持ちの方の参考になれば嬉しいです✨