山とご飯と私の日常

夫婦登山と新婚生活について。

結婚式のスタイルについて

 

どのようなスタイルの結婚式がいいか?

どのような内容の結婚式なら挙げたいか?

自分が挙げたいと思える結婚式のスタイルを模索しました。

 

私の希望するスタイルはこんな感じ。

 ・ザ披露宴の作り込んだ雰囲気が苦手。

・新郎新婦を遠くから見るだけではなく、ゲストと近い距離で話せる雰囲気にしたい。

・私たちを見て!という場ではなく、会話を重視。

・大人数でわいわいというより、少人数で温かいアットホームな雰囲気

・披露宴というよりホームパーティのイメージ。

 

これらを考慮した結果ベストだと思ったのは、

少人数での結婚式+食事会のスタイルです。

私の苦手意識のあった披露宴の演出は行わずに、あくまでも”食事会”ということで、

美味しい食事を大切な方たちと共有する場を設けるイメージをしました。

 

f:id:kapico:20190612092220j:plain



メリット

・少人数で招待客一人ひとりとゆっくり会話できそう

・形式ばった演出はなく、アットホームな雰囲気にできそう

・披露宴より費用を安価に抑えられる

・苦手な演出を無理して行わなくてもよく、結婚式当日も肩を張らずに楽しく過ごせそう。

 

デメリット・不安な点

・演出がないとメリハリがなく、寂しい印象にならないか。

・年配のゲストに披露宴なしの結婚式を受け入れてもらえるか。

 ・私も彼も地方出身で、お互い親族・友人が遠方から来て頂くことになるため、

 簡易的な式にすることで物足りない印象になってしまわないか。

・友人を呼ぶ場合は1人参加の子が出るため、寂しい思いをしないか。

 

 

結婚式スタイルを模索する中で、少人数の結婚式についての記事を見つけました。

2018年のデータでは、結婚式全体の16%が30人未満の結婚式を行っているそうで、少人数での結婚式を行うカップルが増えているよう。

 

この記事を読む前は、自分の”派手な披露宴はしたくない”という考えに対して、引け目を感じていたのですが、

この記事を見て、自分らしい形で式を挙げればいいんだ。という安心感にも繋がりました。

 

想像以上に少人数の結婚式をあげる人が多いようで、これからはもっと自由な式や少人数の結婚式が普及しそうですね。

 

次は、式場探しについて書いていきます。